読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現実Frommの逃走

人に伝える技術を高めるために色々やってみてます。

あなたを世界一幸せにします!

こんな、プロポーズの言葉があるらしい。「あなたを守ってみせます!」とかもあるらしいが、こっちは「何から?」と言われた時に、弁護士でもないと答えに詰まってしまうため良い提案とは言えない。 では、やっぱり世界一幸せにしよう!と言うべきだろうと考…

人間不信の成立過程

人間不信というのは、人間が信用できないことである。人間が信用できないと、電車を待っている時にホームに突き落とされたりしないだろうか、突然殴られたりしないだろうか等と常に余計なことを考えないといけないように思う。 私は、見ず知らずの人間は敵だ…

知り合いの誕生日よりキリストの誕生日の方が好き

誰を大切にするべきか。これは非常に大切な問題だと考えているので季節を無視してこの記事を書きます。 キリストの誕生日はクリスマスです。子供たちはサンタさんからプレゼントを貰います。そして大人になるとサンタさんが架空の人物でないと知るわけです。…

SNSの普及における重要な効果

明けましておめでとうございます。また新しい一年が始まりました。私たちは、過ぎ行く一年を振り返って一年の短さを痛感するわけです。一年は短い。この冬も終わりすぐに春が来ることとなります。というわけで、出会いと別れの季節である春の話をします。 も…

熟考すること

意思決定において、熟考することは選択の価値がほぼ等価であることを意味する。 だから、コイントスでもして決めてしまったほうが良いのかもしれない。 長い間悩むことで、上手い答えが出ないといけないというか、答えを出さないといけない(サンクコストの…

選挙について

大阪ダブル選挙があったということで、選挙について思ったことをリハビリも兼ねてだらだら書いていきます。 ハリネジミには政治が分からぬ。ということで、選挙の結果については全く触れません。従ってそれ以外の部分についての話になります。前回、前々回と学部…

近況報告

行政書士試験が間近に迫っているので、最近更新はありませんでした。とりあえず、11/8が過ぎるまでは更新はないです。Twitter辞めたので生存報告という意味で記事を書きました。 正直、今回受かるかどうかはさっぱり分からないですけど、やれるだけのことは…

笑いについて本気出して考えてみた

色々な経緯があって、高校生のとき(中学生もか?)にお笑い担当をさせられていたので笑いについて考えることが多かった。そこで、今回は僕なりに「笑い」について書いていきたいと思います。僕は人によって、ボケともツッコミとも言われるので偏りまくった…

期待と信頼

最近、書こうと考えてた内容に色々な出来事が重なったので、公開してみようと考えました。 論理構成がガバガバのような気がするんで、論理ガチ勢からしたら読みにくいことだと思います。(今から書きます) ここまで来たら頑張って読んでください。 政治家A…

診断テスト

自分がどういう性質なのかってのは、自分で考えても分からないと考えてる。だから、診断テストは結構活用させてもらっている。やってて楽しいし、皆さんにもオススメ。 自分のことが知りたいのに、その自分が歪んでいたら正確な判断なんてできませんよね!!…

現実と虚構の狭間で

四時間暇潰しできたし、神のコンテンツという他ないな! 「小説家になろう」に投稿しました 以後、小説家になろうに投稿すると思います。 ※あまり構想を練ってないから読みにくくなるかも知れません。その辺は諦めてください。(いつも構想練っててアレかよ…

自由研究

私がまだ小学生だった頃、他の小学生達と同じように夏が好きだった。少し肥満気味の現在では少し考えづらいことであるが、そう記憶しているのだからそうなのだろう。夏は暑くてやる気が削がれてしまう。そこは、小学生の私も同じであって、夏休みの宿題を最…

伝わりようのない主張

論理的でありさえすれば、主張は必ず通る。なんてことを思って生きている人はどれくらいいるのだろうか。 少なくとも私は違う。 むしろ、論理的でない方が伝わることもある。論理的であるとは一般、抽象化することであり、内容が複雑になれば同じように複雑…

奨学金とかいう学生ローン

最近?というか単に僕が大学生になってそういうことを考えるようになっただけかもしれないのだが、奨学金を返済することができない人が多くなっているという話をよく聞く。結構いろんなところで聞くのでソースは提示しないことにする(探すのがめんどくさい…

この記事は英語を学んでいる人を馬鹿にするために書かれた物ではない

私は英語が苦手で嫌いです。 ただ、英語は出来るに越したことはない。(できない方が良いことなんて殆どないように感じる) 皆さんはどうですかね?できるから好きという人もいるだろうし、好きだからできるという人もいると思う。組み合わせを全て列挙する(…

優しい優子の一生

優子はドジで間抜けです。さらに、記憶力もよくありません。しかし、優しく真面目だったので、嫌われることはなくみんなから愛される存在でした。 記憶力が悪いといっても優子は家が都市から離れた場所にあり、住みやすい町だったことぐらいは覚えています。…

好き嫌いをしてはいけないという言説

嫌いな食べ物がある子供がいるとして、あなたが親ならなんて言うでしょう? 「好き嫌いをしてはいけません」 はい。これですね。知ってます。 (そもそも、好きなもの食べてる時も同様のことを言えって感じだけど) 嫌いな食べ物を無理やり食べさせることに…

素直と自己中心的というのは非常に良く似た考え方だと思う

素直と自己中心的ってほぼ等号で繋げられそうな感覚がある。 しかし、素直だと言われて喜ぶ人はいるが、自己中心的だと言われて喜ぶ人はいない。 こちらがどのように受け取るかによって素直に感じるか、自己中心的に感じるかが決まると考える。 つまり、ある…

やたらネガティブキャンペーンしてる人って結構いる

前回は少し調子に乗ったので今回は適当に書くことに決めた。 前回のように書くと時間がかかる割に伝えたいことが伝わらないような気がする。 今回は、やたらに自分のことをマイナス評価する人について考える。 個人的な意見ではあるが、結構見かけるような気…

白馬の王子様症候群というものがあるらしい

私たちは完璧な愛を創る代わりに、 完璧な恋人を探そうとして 時を無駄にしている。 - トム・ロビンズ - 私が最近読む本の殆どがこのようにイカした詩を文章の手前に書いているので、この点をリスペクトした。リスペクトという言葉を使うと実際はただのパク…