現実Frommの逃走

人に伝える技術を高めるために色々やってみてます。

非論理的であるから、それを伝える

 

 

論理的である。または、論理的だ。が指す内容は

 

Aという仮定が成立するならばBである。ということを他者に示せることだろう。

表現を変えて、AならばBである。ということ(A⊃B)を主張できるということである。

 

さて、Aという仮定が共有された場合に、Bが論理的に導けるのだとすれば、そもそも論理的な内容を論理的に主張する意味はあるのだろうか。

具体的には、自然数という概念を共有しており、1+1=2であるという仮定(+1という操作の意味を共有)がある場合に、1+2=3を主張する意味があるのかということである。

Bが論理的に導けるのであり、かつ会話の登場人物が①論理的思考力や②前提となる知識を持っていれば、主張する意味はない。

 (①または②を有していない他者を想像することはできるだろうか、できたならその他者と意思疎通ができるかどうかも想像してほしい。)

 

それはつまり、自明であるからである。

しかし、論理的であるとは自明であることの積み重ねを意味する。

 

自明だと考えている何かを主張することは、自身が非論理的であるという証明か、他者を軽蔑しているという証明を与える。

 

 

 (ここからも私見)

 ところで、論理というものは

本来、言明が真か偽かを見極めることを目的にしている。

その拡張としてA⊃B(これもまた言明である)が真か偽かという問題まで扱えるようになった。

つまり、論理的であるとは、Aの真偽やBの真偽がどちらなのかを判定することにあるとも考えられる。 

しかしながら、ある情報が与えられた場合に、それが本当かを疑うことを批判的とは言うが、論理的だと形容したことを見たことがない。

さらに言うならば、この行為は評価対象にならないことが多い。否定されたと感じるというのがその理由だというが、実際否定しているのだからその点に関して問題はない。

問題なのは、否定そのものに意味があるということを忘れ、肯定のみを求めているのではないかということである。

個人的にはある結論が成立するように、可能性の一部である前提を仮定することはたやすく、全ての可能性を列挙するように前提の数を増やす(選択肢を増やす)ことは難しいと考える。(指針がないためである)

また、その前提が受け入れられるかという段階になるとさらに難しいだろう。

 

ここで、論理学の話へ移るとA⊃Bは条件法と呼ばれ、Aが真でかつBが偽の場合、偽となり、それ以外の場合は真となる。

 (現実問題として、Aは仮定であり常に真であることが通例ではある。)

 

 ★これは実はわかりにくく、読み飛ばすことを推奨する。↓

 例:ジョーンズがマラリアにかかっていれば彼には治療が必要だ。

ジョーンズがマラリアにかかっているをp、ジョーンズには治療が必要だをqとすると、

pが真でqが偽のときのみp⊃qという言明は偽となる。

偽への変換は語尾にーでないを付与することによって達成される。

★↑

 

 ここで、(科学の)反証可能性の話をしたい。

 

ポパーという人が考えた科学と非科学を分ける基準である。(理解している自信はありません)

端的に言うと、ある理論が科学的だと主張するためには、反証される可能性がなくてはならない。

 

例:ある理論が正しいならば、実験によってある現象が起こる。

 

ある理論が正しいをp、実験によってある現象が起こるをqとするとp⊃qと表現できる。

このとき、人間が観測できるのは現象のみでありqの真偽しか調べることができない。

条件法は、pが真でかつqが偽の場合、偽となり、それ以外の場合は真となる。

従って、pが真であるということを現象を観察する(qの真偽)ことによって積極的に主張できないということを指す。

つまり、pが偽でqが真の際に言明全体としては真となってしまうのである。(もちろんpが真でqが真の際に言明全体としては真である)

しかしながら、反証されれば確実に言明全体として偽となる。つまり、反証をしてみて反証されなかったことに対して科学的だと考えなければならないということである。

ここで重要なのは、まず科学というものは反証可能性がなくてはいけないということと、次に、長い時間によって反証に耐え続けたものがより価値があると考えられるということである。最後に、反証されたとしても科学は進歩するということ。

 

(補足として、反証のしやすさが問われることもあるだろう。つまり、明日雨が降るという予報と、一週間以内に雨が降るかもしれないという予報ではどちらが否定されやすいかということである)

 

ここで、個人の生き方は正しいかどうかを考える。

 

言明:個人の生き方が正しいならば、〇〇が生じる。

 

私は、どちらかというと一貫した考えで生きていたいと願うので科学とまでは言わないまでもその考え方を流用する。(すくなくとも利害関係のない第三者に不利益を被らせないように生きていきたい。一貫した考えということ、嘘をつかないことなどその類のことはそれを意味しているのだと思う。ちなみに民法で一番好きなのは法定地上権です)

また、この考え方に特化することもまた重視する。これは、正しい生き方をより狭く定義することである。ある意味で狭い視野を意味する。(私はこの考え方の中で何もかも否定するという戦略を採用してはいない)

 

例のごとく

p⊃qとすると、qを観測することは容易である。そして、反証を受けながらも正しいと考える生き方をすべきだと思っている。そして、これは今まで私が生きてきた時間によって補強されてきた。

しかしながら、反証された場合にどうするかという問題が浮上する。生き方が偽であった場合に人間はどういった行動をすべきなのか、それは非常に難しい。

(だが、反証されるという危うさを持っていることもまた科学の条件である。すなわち、反証された際、残念だと思う同時に安堵したと思えるということである。私自身M体質だと思っていなかったので理由がわからなかったのだが恐らくこういうことだろう)

 

根拠もなく何かを信じるということがいかに大切かがよく分かる題材とも言えるだろう。

スペシャリストとゼネラリストの違いはスペシャリストは前半の論理性を持っていて、ゼネラリストは中盤の論理性を持っているような気がする。

スペシャリストはある分野(選択肢)に価値がある、と無批判に信じることが必要である。一方、ゼネラリストは逃げ道があるという安心感と引き換えにすべてが否定されるという危うさがあると考えられるのかもしれない。(?)

 これらはどちらも肯定されうるだろう。

 

 

 

余りにも正しい人が余りにも正しいことを言う

それは否定の余地がない。そうであるならば、恐らくその言葉に意味はない。

そうであるならば、正しくなくてよい。それを主張できるほどの気概が欲しい。

 

 

 

(正しい人を否定する意図はなく、その人の思う正しさが正しいと無条件に認められる場所で本来は過ごすべきなのだろう。私の見てきた社会人は余りにも正しく、これからも正しくなっていくのだろうと思う。)

 

ポジション取り

 

 

優越感の羽を持つ鳥が僕の頭上を飛んでいる

 

僕は話がしたいのでそれを撃ち落とす

 

地に落ちた、それは暴れるだけだった

 

鳥ではない何かをただ見ていた

 

ひとしきり暴れた後

 

それでも鳥だと信じたいそれは新しい羽を探しているようだった

 

ようやく僕は会話などできないと理解した

 

仮に鳥だったとしても飛ぶ必要などなかったのに

 

 


 
優越感の羽を持つ鳥が僕の頭上を飛んでいる
(本人には価値がないが、自分を飾ることにより価値があると思い込み、思い込ませている人間がいる。恐らく本人に価値はないが、まだ確定はしていない。)

 

僕は話がしたいのでそれを撃ち落とす
 (それだけ高く飛んでいるならどれくらいの価値があるのか教えてほしい。価値がない人にとっては看破となる。同じ立場に立っていないと基本的には会話は成り立たない。)

 

地に落ちた、それは暴れるだけだった
 (結局、架空の羽であったことが明らかになる。)

 

鳥ではない何かをただ見ていた
 (どうしてそこまでして高い位置に居たいのか理解ができない。この時点ではまだ、会話が成立する可能性は残っている。)

 

ひとしきり暴れた後
 (僕が好奇心から、観察する側へ立場が移動する。感情から論理への移行を明確に)

 

それでも鳥だと信じたいそれは新しい羽を探しているようだった
 (既に、羽がないことは判明している。僕からすれば、飛ばれても意味はない。本来の立ち位置はすでに明白である。)


ようやく僕は会話などできないと理解した
 (いつ会話をするタイミングがあったのだろうか。というか、意思疎通することができるのだろうか。最初の段階では相手は高い位置から見下すような発言にしかならないし、位置を落としてやると発狂して会話にならない。距離感を表現した。)


仮に鳥だったとしても飛ぶ必要などなかったのに

(飛ばない鳥もいるし、飛べる鳥であっても飛ぶ必要はない。ところで、本当に価値のある人間であった場合に自分と同じ位置に居て欲しいという願いでもある。能ある鷹は爪を隠すともいうし、誇示することに意味はあるのだろうか。ちなみに、僕は鳥ではないと認識している。もはやこの時点では人間と何かという対立軸であり、根拠のない優越へ対する嫌悪感を出した。これがなければ、対等とは言わないまでも会話ができたのではないのだろうか。「なかったのに」という表現と、「ないのに」という表現は意味が異なると思う。)

 

 

タイトルはポジション鳥

 

 

感想

 

 テーマさえあれば40分ぐらい暇つぶしできることが分かった。考えていることがその通りに伝わるというのは非常に尊いことだと思う。ただ、その通りに伝わるというのは目指すべき最低限のラインであって、それ以上のことを認識してもらえるような内容でなければそこまで意味はなさそう。

あなたを世界一幸せにします!

 

 

 

 

 こんな、プロポーズの言葉があるらしい。「あなたを守ってみせます!」とかもあるらしいが、こっちは「何から?」と言われた時に、弁護士でもないと答えに詰まってしまうため良い提案とは言えない。

 

 では、やっぱり世界一幸せにしよう!と言うべきだろうと考えて、いや待てよ、本当にそれでいいのかと考えてしまうあたり社会不適合者なのであった。

 

[問]

貴方がプロポーズするときに言って/言われて嬉しいのはどっち?

①あなたを世界一幸せにします!

②あなたを世界で二番目に幸せにします!

 

 

 常識のある、空気の読める人なら、どう考えても①を選ぶ。だけど私のように整合性を重視する人は②を選んでもいいのではないかと思ってる。

 幸せかどうかは個人の感想なのであって、相手に主導権を渡してしまうことになる。さらに、幸せになりさえすれば手段は問わないのだから、自分が別れて他の人とのキュービッドになったっていい。というか、そうすべき確率のほうが高い。

 なんなら、他にも同じことを言われる確率が高いと思われるので、選ぶための理由付けがなされない。

 

というわけで、私が言うとしたら、

 

 

「あなたを世界で二番目に幸せにします!」

 

「どうして一番じゃないの?」

 

「だって君の隣にいる僕が一番幸せだからさ。世界一幸せな人の隣にいる人はその次に幸せだろ?」

 

 

 そんな感じになると思う。(なお、そんな相手ができるかどうか不明)

人間不信の成立過程

 

 

 人間不信というのは、人間が信用できないことである。人間が信用できないと、電車を待っている時にホームに突き落とされたりしないだろうか、突然殴られたりしないだろうか等と常に余計なことを考えないといけないように思う。

 私は、見ず知らずの人間は敵だと思ってるし、そういうことを言うと「人間不信なの?」とか「人間不信なんだね...」とか言われる。

 まぁそれは人の勝手だしいいのだけれど、私自身、人間不信を自称する気にはなれない。今回は、その理由について書く。(以前に言及した気もする)

 

 人間不信と聞くと、哀れみの感情を抱き優しくするのが普通の人間のすることである。人間不信だと宣言すると、周りの人間は少しでも信じてもらえるように、少しでも傷つけないように、そういう気持ちで接するのだと考える。

 つまり、人間不信になった原因として過去に他人に危害を加えられたことが推測できる。人間不信を生得的なものとして認識した人は少なくとも私の周りにはいない。

 

 

 

 だが、ここで考えて欲しいのは、人間不信になるのは何も危害を加えられた側だけではないということだ。

 危害を加えた側も人間不信になるための素質は十分に備えている。なぜなら、人間という単語は当然、自分をも含むからである。また、たくさんいる人間の中には自分と同じくらい危険な人間がいる。という考え方であっても人間不信になることは可能である。

 

 そんな相手にも優しく接する必要はあるのだろうか。

 

 

 

 危害を加えられた側は優しくされてもいい。理解できる。そうでないと可哀想である。バランスが取れていない。しかし、それは条件付きである。条件として、被害者が招いた危害でないことが必要である。

 

 自分が招いた危害を受け、人間不信だと申告し、優しさを施される。よく見る光景ではあるが、ここで注意して欲しいのは、危害がどうやって生まれたのかは認識できない場合がほとんどであるということだ。認識できる可能性が高いのは危害を加えた側であり加害者である。しかしながら、加害者はただ一人真実を知っていることで優しさを施しはしない。結局、悲劇のヒロインの取り巻きにいない。そんな人の声を誰も聞こうとはしない。そういう意味では被害者でもあるのだろう。

 

 

別にいいのだと思う。騙されている状況であっても当事者が楽しそうなら。損をする権利なら誰にでもある。そして、殆どの状況で私には関係がない。ただ、見ていて疲れるというだけだ。

 これもまた、損をする権利を行使した結果なのだが。

 

 

知り合いの誕生日よりキリストの誕生日の方が好き

 

 誰を大切にするべきか。これは非常に大切な問題だと考えているので季節を無視してこの記事を書きます。

 

 

 キリストの誕生日はクリスマスです。子供たちはサンタさんからプレゼントを貰います。そして大人になるとサンタさんが架空の人物でないと知るわけです。

 プレゼントをくれた人が分かり、誰を大切にするべきか理解することができます。

 こう言う意味で私はクリスマスは嫌いではありません。やはり、嘘をつくこと自体は褒められる行為ではないので好きとは言い切れません。

 

 

 

 知り合いの誕生日はそれぞれの誕生日です。嫌いな人も好きな人もそれぞれ誕生日はあります。知っているか、覚えているかどうかは別として。

 誕生日を祝われて嬉しいと感じるのは、それを記憶していてくれたという事実が大きいと思います。嫌いな人の誕生日とか別に覚えないですし。

 集団に属していると、誕生日を祝おうという話になるのですが、私は誕生日を記憶していなかったため、祝う資格などないなと考えます。しかし、祝わないのは流石に社会不適合者との実感があるので一応出席という形を取ります。

 初めに祝おうと提案した人(提案者)は何を望むのでしょうか?誕生日を迎える人の幸せを望むなら、敢えてしないことも手段だと考えます。祝う人が多すぎる(私のような無資格者も含めた)と全員を大切にすることはできません。それなら、本当に大切にすべき人を大切にするべきだと思います。

 

 さらに、祝われている人は、往々にして誰が主催者なのか追求しようとしません。余り誰を大切にすべきなのか?という問題には興味がないのでしょうか。

 このように、知り合いの誕生日では誰を大切にするべきか理解することができません。(理解しようともしない)こういった行動は、主催者の私たちに向けた優しさアピールと考えると合点がいくのですが、誕生日の人があまりに不憫なので、できれば違う結末だと嬉しいです。

 

 こういうことは良くないと思う人は、誰が主催していたかぐらい教えてもいいのかも知れません。(過保護とも思うけど)

 

SNSの普及における重要な効果

 

 明けましておめでとうございます。また新しい一年が始まりました。私たちは、過ぎ行く一年を振り返って一年の短さを痛感するわけです。一年は短い。この冬も終わりすぐに春が来ることとなります。というわけで、出会いと別れの季節である春の話をします。

 

 

 もう二度と会うことがないとわかっている人に対して、どういった行動をするかでその人の本質が見えると思っています。これは、見返りには期待できないが、その瞬間のために何をするか?という問題になるでしょうか。

 

 ゲーム理論における繰り返しゲーム(合ってるはず)を知っている方は、わかってくれると思うんですが、一番最後の行動は最初の行動も規定してしまいます。これは、有限回の場合で、無限に繰り返される場合では最後の行動に規定されることはないはずです。

 二度と合うことはない人にどのように接するか。私は闇が好きなので、嫌いな人の場合を想定します。

 嫌いな人ともう二度と会うことがないのであれば、その人をいくらぞんざいに扱おうと報復される心配がありません。と、するならば、これまでの鬱憤を晴らすために最後の一回は好き放題していいわけです。

 ただ、SNSの普及により好き放題することは得策とは言えなくなりました。Aに〇〇されたという情報がSNSに掲載されれば今後会うかもしれない人に「Aは悪い人だ」という印象を抱かせます。つまり、SNSの普及が二度と会うことのない人へ好き放題することに対しての抑止力になっているということです。(具体的に説明しようとするとこうなるんですよ!ここまで来ると流石にわかりにくいですね。)

 ただ、これは最後に限った話ではなく、日常のどんな行動も自分の見ず知らずの他者に伝えられる危険が増しています。それが、SNSに掲載されて他者の不信感を煽るものかどうかということになります。

 

 

 ここで、最後だからといって適当に扱ってはいけないということが分かったと思います。「現実にそんな人いるのか?」そう思われている方も多いと思います。ただ、私の経験から言えば、結構いる。これに尽きます。いい季節なので探してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 ここから光の話をします。最後に丁寧に扱ってくれる人はとても良い人です。私は適当に扱う人のことを非道徳的と言っていたのではなく、むしろ合理的とさえ思っていました。逆に、丁寧に扱う人が端的に言うと異常な感覚を持っていると考えています。

 見返りもないのに丁寧に扱うのは想像してみるまでもなく、体力を消耗する活動です。加えて、緊急性、危険性がないのでSNS等に掲載され他者に伝播されるということが比較的少ないと考えます。すなわち、本人の努力とそれに対する見返りが見合っていないと感じるのです。

 私たちがSNSで本当にすることは誰かを罵倒することではなく、賞賛することかもしれないと思います。

 私は誰を大切にすべきか考えて行動できるようになりたいです。二度と会うことがないと思っている人がとても親切だったなら、無理をしてでも会いに行く方がいいと思う。

 

 

熟考すること



 意思決定において、熟考することは選択の価値がほぼ等価であることを意味する。
 だから、コイントスでもして決めてしまったほうが良いのかもしれない。

 長い間悩むことで、上手い答えが出ないといけないというか、答えを出さないといけない(サンクコストの過大視?)と感じるので、一週間とかある程度の期間を決めて、勝手に決めるように予め設定しておくほうが良いはず。

 コースの定理も、どちらに所有権を与えても社会の効用は変わらないのであって、損失となるのは調停の費用などである。としているから、そういうものなのかもしれない。


 後、考慮すべきは後悔しないか?つまり、選択に納得できるかということ。
 コイントスでもいいのだが、それで、将来損失を被るなら、やはり熟考したほうが合理的と言えるのかもしれない。